2013年03月09日

被災地でイノブタが大繁殖


東京電力福島第1原発事故で立ち入り禁止となった地域で、豚舎から逃げたブタと野生のイノシシが交配して生まれたとみられるイノブタの目撃情報が、原発周辺地域で相次いでいるという。
南相馬市では、増えたイノブタやイノシシが農地を荒らしたケースもあり、営農再開に支障が出ることが懸念されている。
イノブタはイノシシよりも繁殖力が高く、駆除が検討されている。


ラベル:イノブタ
posted by m_4416 at 06:42| 復興 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。